ホストクラブ路上広告

ホストの一日

ホストの一日をご紹介いたします。

朝まで仕事をしているから夕方ごろに起きているイメージがあるかもしれませんが、
売れているホストは、お昼12時~13時には起きています。

起きてスグに、昨日のお客さんにお礼のLINE、電話をします。
そのやり取りは、1時間~2時間ぐらいは最低でもやっています。

その後、身支度をして夕方には家を出てセットサロンに行き本日のヘアセットをします。
17時過ぎにはお客さんと待ち合わせをして同伴(食事)に行きます。
19時にはそのままお客さんと一緒にお店に出勤します。

出勤したら指名のお客さんや常連客などを数分単位で入れ替わり立ち代わり接客をしていきます。
夜の1時までシャンパンや焼酎、ブランデーなどのお酒を浴びる様に飲みます。

朝までやっているホストクラブもありますが、有名なお店や大きな看板や路面に面しているお店などは風営法の規定どおり、1時までの営業になります。
※時間を超えて営業すると時間外営業として法律違反になり、お店が営業停止などの行政処分を受ける事になります。

営業終了後に30分~1時間程度、ミーティングが行われ一日の振り返りや売上などが発表されます。

その後、お客さんとアフターに行き朝5時頃まで食事に行ったり、バーやカラオケに行きます。
始発の時間になれば駅までお客さんを送って終了です。

6時頃に家に帰ってきてシャワーを浴びて7時頃には就寝して終了です。

ほぼ自分の時間などはありません。
もちろん寝ているときでもお客さんから電話がなれば起きますし、何かあれば飛んで行く事もあります。

売れているホストは、華やかな仕事の裏側で泥臭い事もしています。

そんなホストが働くお店、ホストクラブについて知りたい方はコチラからご覧いただけます。